TOP > seo対策

長期戦となるseo対策

ホームページの作成は、一時的なものですので短期戦と言える事ができると思います。

それに対してseo対策は果てがなくずっと続けるものですので長期戦と言える事ができるでしょう。

最初から、あまりにたくさんの労力や時間、またはコストをseo対策に費やすのもいいですが、時には続けられなくなってしまう可能性もありますので、seo対策を行う時には、続けられそうな対策であるかどうかという事も考える様にしたいですね。

また、seo対策では一時的に上位になるのはいい事ですが、さらに上位になっている期間は長ければ長いほど理想的と言えるでしょう。

seo対策は5年先も、そして10年先も続けているかもしれませんね。

seo 東京はseo対策FOA 大阪、東京のseo会社。

キーワード出現率※1とseo対策

きっとこれまでにseo対策を行ってきている人であれば、気にかけている人が多いと思われますが、キーワード出現率の重要性は高い

と思われます。

ホームページにseo対策を行う際に、キーワードが全く出てこないというのも問題ですし、たとえseo対策であっても過度にキーワードを盛り込むというのも考えたい所です。

どの程度にすればいいのかという事は、経験がないと分かりにくく感じられるかと思われます。

やはり計画を考えながらseo対策を行っている人が多いかと思われます。かなり細かい所までチェックされている事もある様ですので、ペナルティとなってしまう事がない様にseo対策は注意しながら進める様にしましょう。

titleタグとseo対策

キーワードの出現頻度

とならぶseo内部対策の定番です。これは非常に大切で、キーワードの出現の次に大切です。

言い換えるとキーワードの出現頻度があって順位がもう一つであるならば、まずはtitleタグの問題を疑うことです。

そして、titleタグにキーワードを入れ、可能ならばキーワードはでき限り前方に設置すればいいでしょう。

これはターゲットページだけでなくサイト全体に言えることであるが、サイト全体でこれをやりすぎるとターゲットページ※2が埋没してしまう恐れがあるので、注意してtitleタグにキーワードを入れてみましょう。

モバイルも大事なseo

パソコンは持っておらず、ネットの使用はスマホだけに頼っているという人も中にはいる様です。そのため、seoにおいてはモバイルに力を入れるのもいいでしょう。

ネットショッピングもモバイルだけで行う人も多い様ですので、seoで売上につなげたいと考える人もいる様です。

すでにモバイルのseoに参入している人も多いので、競争に勝つ事は楽ではないと思われます。しかし、これからモバイルにも力を入れたいと考えているのであれば、少しでも早くseoを取り入れてはどうでしょう。

今の状況に合わせてseoを行っていく事が大事だと考えられます。状況は早いスピードで変化する事もあるので、乗り遅れない様にしましょう。

seo対策とgoogleの構造

googleの検索アルゴリズムの構造は200以上の要素とそれらを評価するRank Brainによって構成されています。

基本はリンクとコンテンツとなるのですが、それ以外にドメインの古さ、関連性、ナビゲーションの有無などがあります。

200以上の要素を上手くつかってseoをするのですが、より反応するものを効率的に使うことが必要になります。

それが、コンテンツの量とキーワードの量と被リンクの関連性になります。これらをうまくやるだけで順位が大きく変化します。

マーケティングにおけるseo(コンテンツ)

テレビが衰退している今の時代では、テレビ以外の媒体でいかに宣伝効果を出すかということは重要になっています。

企業はより宣伝効果の高い媒体を探していて、宣伝効果の高い媒体にはより高い報酬を支払います。

企業はどのような年齢層に向けて、どのような商品をPRしていくかを常に考えています。ターゲットを絞っていく中で重要なポイントが企画開発、マーケティングなどです。

特にマーケティングにおけるseo(コンテンツ)は大事で、より効率的なseo(コンテンツ)を作り出す必要があります。

伸びている企業は効率的な宣伝技術を持っています。

google検索で表示されない原因とseo対策について

大阪にもweb製作会社がありますが、ネットや本などで自分のホームページをつくった場合、googleで検索し、きちんと表示されるか試してみるものです。

ところがいつまでたっても、検索画面に載らないケースもあるといいます。様々な要因があるようですが、この場合再度見直す必用があります。

ついついやりがちな、自動生成されるページを多く使っている場合です。他に、上位表示に有利になると、明らかに必用以上に同じ言葉を入れ込んでいたりするのも、スパムとして扱われるといいます。

スパムはWeb上の迷惑行為となるため、ペナルティとして掲載されなくなってしまうのです。これではせっかくのseo対策もだいなしです。

google社のseoについて

近年、インターネットの普及により、生活や働き方が多様化されてきています。それほどに私たちの生活に深く浸透してきています。

安全かつ快適に利用できるように多くの配慮や工夫がされています。その一つがgoogle社によるseoです。

インターネットの利用価値を高めようとgoogle社によって作られたランキングアルゴリズムを指します。

インターネットでの集客を伸ばそうと、大阪や東京にある会社はseoの研究をし、コンサルティング業もされている会社もあるほどです。

ユーザーにとって有益なホームページを作成できているか、どうかが全ての基準となってきます。

seoで見られるインターネット広告

ホームページを管理する際において、重要となるのがseoへの対策作業です。

検索エンジンを利用した際に、検索されたキーワードによって検索結果の表示が上位になる程、閲覧数にも影響があり、さらにウェブサイトの管理主である企業や個人にとって、収益や広告マーケティングに影響が及ぼされることもあります。

インターネット広告としての役割を効果に出すためにも、様々な対策が立てられながらウェブサイト運営が行われています。

また検索エンジンのシステムによるアップデート※3など、数多くの関連事項が存在しており、詳しく知ることで正しい対策が行えます。

大阪、東京で安心できるseo会社をお探しなら

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.sem-consult.jp/

seoによくある会話

A君:seoって言葉知っているか?

B君:知っていますよ。バカにしないでくださいよ。

A君:ごめんごめん。

B君:googleやYahooの検索で順位を上げることでしょ。

A君:今でもみんな頑張ってやっているの知っているか?

B君:知ってます。

A君:弁護士事務所や美容系では必死で毎日記事書いているらしいよ。

B君:そうなんですか。それじゃ弁護士でそんなことばかりしていると馬鹿らしくならないんですか?

A君:なるだろう。仕事だからと割り切ってやっているだよ。君も仕事頑張るんだよ。

B君:はい。弁護士でもそんなことやっているなら。

A君:そうだよ。いいこころがけだよ。

B君:それってパワハラ??(笑)

※1キーワード出現率

キーワードの出現頻度というのはコンテンツ全体においてキーワードがどれだけの割合、コンテンツとして占めているか?ということである。総単語数に対してキーワードがどれだけの比率か?ということになります。

seo的には10%をこさない程度が大切で、これ以上になると意図的にキーワードを埋め込もうとしていると検索エンジンに認識される可能性があります。

また、1%未満というのも問題があります。ある程度の比率含まれるというのがいいでしょう。コンテンツありきでコンテンツを作成し、結果的にキーワードが数パーセント含まれるとうのが理想です。

※2ターゲットページ

ターゲットページとは、seoにおいてどのページをキーワード検索において上位に表示させたいか?という場合に上位に表示させたいページのことを言います。このターゲットページは1ページである必要はありません。複数あっても問題ありません。また、必ず設定しなくてはいけないというものでもありません。

ただ、ターゲットページを設定するほうが、seoの施策が立てやすく、更に検索エンジンにおいて上位表示させる確率が上がる傾向にあります。ターゲットページにseoにおけるテクニック的なものを多用するとアルゴリズムの変更で順位が乱高下する傾向にあります。

※3アップデート

検索エンジンのアルゴリズムのアップデートというのはどういうものか?というと検索の順位を決定する方法を変更するということです。通常のアップデートは改善されるものであるが、検索エンジンにおけるアップデートにおいて何が基準かは不明です。

そのため、アップデートされると上位表示されているサイトが適切かどうか?は判断しかねる場合も多くあります。あまりに適切でない場合は近いうちに再度のアップデートがあります。このアップデートにペンギンアップデートやパンダアップデート、コアアップデートがあります。

seoに関連する記事

メニュー

TOP seoって何? seo seo対策 seo対策大阪 google seo ホームページ素材