googleはすごい!

グーグルはすごい!検索最大手で収益もすげー!今もてはやされているFACEBOOKなんてくらべものにならない。

検索ビジネスモデルは本当にすごい。SEO業者(アドセンス利用者)も儲かるし、広告を出そうという業者も儲かるだろう?

考えたセルゲイは天才だ!彼ってプリンストンだったけ・・・・

東大や京大や阪大にはどうしてそんな人物はでないのだろうか?

日本でも検索エンジンといえば、googleだし、Yahooもgoogleの検索エンジンだし。seoもgoogle対策するしかないよね。

2016/8末での時価総額を考えてみよう。

google(アルファベット)5428.4億ドル

Facebook 3621.7億ドル

トヨタ 1832.2億ドル

これをみるとgoogle(アルファベット)のすごさがわかります。

googleは最近では検索エンジンからの広告収入だけでなく、AIを利用したクラウドサービスの提供などで儲けを得ようとしています。

クラウド市場においてgoogleのシェアは現在3位で7.8%です。(2016年10月~12月のデータ。カナリスのデータ参照

今後もAIでの実績をテコにクラウド市場でもシェアアップを目指すようです。

どうして日本にはgoogleのような会社はできないのか?

やはり、天才が冒険し起業するという風土が根付いていないことが一番だと感じます。東大や京大でバリバリに研究をし、第一線にいるものが会社を興すというのは本当にまれです。そしてそれに投資する風土もありません。

これは民族性なのかもしれません。日本民族には無理なのかもしれません。そういってしまうとだめなのですが、もしかしたら今後、東大や京大を出て、アメリカ留学し起業するなんていうつわものが出る可能性はあると思います。留学で考え方も変わりますし、研究成果が素晴らしいものであればお金も集まるでしょう。ビジネス界にも野球の野茂みたいなものが出てくると信じています。

最後に、日本は日本語でというのもあまりよくないようには思いますが、仕方ありません。

田舎から都会へ出てきて起業

田舎で育っているとどうしても野心というのが生まれにくく、人生を流されていくように思えます。それでも成り上がろうという方にはハンディキャップから生まれる志であったり、コンプレックスから生まれる思いがないと難しく思います。

私には別にコンプレックスもハンディキャップもありませんが、どうしても起業して成功したいという思いがあります。それは田舎の閉ざされた階級的な社会ではなく、努力したものが報われる社会があって頑張ればどうにかなるということを田舎の子供や若者に見せてあげたいと思うからです。田舎では多くがもともとお金持ちがずっとお金持ちで若い者にもそれを受け入れる感じがあるのです。そんなので面白くないし、未来がないと思うのです。

そうこう思い起業したのですが、人にはだまされるし何回か死にかけました。世の中は怖いって思いました。でも思いは変わりません。ある時、地方の産業をインターネットで世界へなんてことを考え、地方の会社にseoやインターネット広告の提案をして回ったこともありましたが多くの会社が自分の利益のみを考え、話になりませんでした。それが現実なのか?と面しかありませんでした。

でも、あきらめておりません。そんな人とは関係なく自分が成功し、「田舎の子供や若者に見せてあげたい」と思っています。

seoの内部対策について

seoの内部対策に取り組むためには、ある程度のホームページ制作に関する専門的な知識が必要となります。この内部対策で順位が大きく変わるといっても過言でもありません。しかし、それだけでなく外部対策も必要です。最近の傾向としては必要以上に内部リンクなどの施策は必要ないようです。

内部対策は自作自演できるため、最近では効果が薄れてきていますが、いまでも必須ではあります。今では内部対策からナビゲーションなどのユーザビリティー重視でかつ、コンテンツ重視となってきています。

内部対策について詳しく述べると以下のようなものがあります。

  • 1.titleタグにキーワードを含める。
  • 2.descriptionにキーワードを含める。
  • 3.サイトのナビゲーションにキーワードを含める。
  • 4.ターゲットページへの内部リンクを調整する。
  • 5.キーワードに関連するコンテンツを増やす。
  • 6.ターゲットページにキーワードを含める。

これらのうち、1.titleタグにキーワードを含めると3.サイトのナビゲーションにキーワードを含めると5.キーワードに関連するコンテンツを増やすは非常に大切です。それ以外にもありますが、それほどこだわる必要はないと考えています。

5.キーワードに関連するコンテンツを増やす、6.ターゲットページにキーワードを含めるはライバルサイトを調査することをお勧めします。上位表示されているサイトに共通点があればそれに近い状況にすると上位表示されやすいかもしれません。

この施策もすぐに急いですればいいというものではないのでよく考えてペースを考えながらページを増やすことが大切です。何事においてもやり過ぎはNGであることは心に留めておくことが必要です。

無料のseo改善ツール

googleが無料で提供しているものに「ウエブマスターツール」というものがあります。 これはseo業者にってとても優れたもので、自分のところのウエブサイトをgoogleがどのように見ているかがわかるものです。

ペナルティ等の重大な問題点やHLMLタグの状況、クローラーが発見したエラー等普通ではわからない情報手に入れることができる唯一のものです。 ペナルティやトラフィックの大規模な変化等大きな影響を及ぼすかも知れないものを教えてくれます。HLMLではタイトル等の問題を知らせてくれます。初心者でも使えるseoの問題点を発見できる最高の無料のツールです。

このツールでまず注意すべき点は「メッセージ」のところです。ここにはサイトの問題点(ペナルティーやdescriptionやスマフォ対応に関するメッセージ)がわかるような仕組みになっています。もし、問題のあるメールが来ていればどうしすればよいかヘルプで確認するか、googleでメッセージ内容で検索するといいでしょう。

同じようなメッセージを受けとったホームページ運用者がいろいろサジェストしてくれています。

もし、ペナルティーに関するメッセージが来たのであれば、【検索トラフィック】-【手動による対策】を確認しましょう。詳しい内容が書かれている場合があります。

次によく利用するのが【クロール】-【サイトマップ】です。ここでどれくらいのサイトがインデックスされているのかが分かります。

インデックスとはgoogleが取得したページのうち、有効なページの数と考えていいと思います。そう考えるとインデックスの数が多いということは有効であるページが多いということなのでマイナスではないとわかります。逆に、インデックスされないページが多い場合は理由を調査する必要があります。

多くの場合はコンテンツに問題がある、サーバーの設定に問題があるという場合です。

コンテンツを上位に表示させるseo対策

GoogleやYahooといった検索エンジンの上位に、運営しているWEBサイトなどのコンテンツを表示する方法をご存知ですか。検索順位を上げるには、それぞれの検索エンジンの基準に沿ったseo対策が必要です。まずは世界標準で使用されているGoogleで、検索順位を上げましょう。

Googleの検索順位は200種類以上のアルゴリズムで決められているため、それに合わせた対策をしなければいけません。一番簡単なseoは、コンテンツのタイトルとメタディスクリプションを変更し、訪問者数を伸ばす方法です。最初は似たようなサービスを行っていて、検索上位に表示されているWEBサイト(競合サイト)を参考に取り掛かりましょう。

まずは、サイトのコンテンツ量をチェックしましょう。競合サイトに大きく劣っている場合は上位表示が難しくなります。(インデックスされたページ数もチェック)

その次は被リンクの数と質です。これはどのようなサイトからどれくらいの本数のリンクがあるのかをチェックします。ドメイン数と被リンクの数、そして被リンクサイトのコンテンツ量がチェック対象です。ドメイン数を増やしてもコンテンツの少ないサイトからの被リンクばかりだと全く評価されない場合があります。

被リンクに関しては評価難しく、seo業者によっていろいろなことを言っていますのでいろいろな見方、考え方があることを理解して話を聞く必要があります。

被リンクを増やすことは難しいのでまずはseoはコンテンツの充実からというのでもいいかもしれません。

seoに関しての説明

seoとは検索エンジン最適化という意味です。この「検索エンジン」とはグーグルやヤフーなどのことで、単語を入力することでそれに関連した情報を検索してくれるサービスのことを指します。そういった検索エンジンに最適化することによってある恩恵が生まれます。

それは検索結果の上位に表示されること。つまりはより多くの人にサイトが閲覧されるということです。大阪と検索した時に大阪に関連したサイトが表示されるように、検索された単語に関連するようなシステムになっているのを逆手にとって自分のサイトをより人の目につくように工夫するのがseoというものです。

googleなどに有効なseoとは

もはや聞いたことがない人を探すほうが様々なサービスを展開しているgoogleがさらに便利に扱えるように、またより正確に探せるようにできるサービスseo、検索エンジンの最適化のガイドラインを発表しました。これにより、例えば”大阪”と検索した場合ではただ漠然とした大阪に着いての情報しか得られませんでした。

しかもこの最適化により深く、広い検索結果が検索数に応じて表示されるようになりました。しかし、それでは探していたものが埋もれてしまい見つかりにくいのではと思うかもしれませんが、キーワードを増やすことによりさらに正確な情報が得やすくなったとも言えます。思いがけない出会いが見つかるかもしれません。

googleのアップデートはseoに影響が大きい

方向修正をすることが出てきて、かなり厳しい状況に置かれるアップデートもgoogleは実施します。検索順位について、問題が起きないようにすることを前提としているので、問題になりやすい方法を排除するためにアップデートが行われています。

seo対策の観点からは、こうしたアップデートは非常に影響が強く、いきなり検索順位が落ちてしまったという事例があります。大阪にある会社は、いきなり順位が下がってしまった事例にも対応して、すぐに戻すことを考えています。原因を探ることができれば、結果的に安心して順位を戻せる要因を作ることができるのです。

googleにおいて肝心となるseo

googleなどの検索エンジンでは、入力されたキーワードの結果表示が行われる際の順位が定められています。対策を立てるseoへの作業を進めることで、より高い順位表示がなされます。大阪をはじめとした都市部を中心に、seoへの対策セミナーや無料相談、さらに代行業務などが取り扱われている専門機関、企業団体などが数多く存在しています。

インターネットに関する知識を有していない方でも気軽に相談を持ち掛けることができるため、自分で対策作業を行えるようになります。また一括で作業を依頼することもできるため、面倒な思いをせずに済ませられます。

seoに関連する記事