ユーザーを自社ホームページに呼び込むためのSEO

seo

ユーザーを自社ホームページに呼び込むためのseo(Search Engine Optimization)はただ行えば結果が表われるというものでもありません。

まず、正確にseoのリスク、メリット、施策を把握する必要があります。もし誤った認識でseoを行うと長期的に考えると不幸な結果になる場合があります。

例えば、一度スパム認定されている場合には、そのまま対策を続けても順位は改善されないという事もあります。ですので、検索エンジンにおいて順位をアップさせるためには、何が必要であるのかをきちんと分析してから効果的に対策を行う必要があります。しかしながら、検索における順位のつけ方であるアルゴリズムは日々変化し、ある時は有効で問題ない施策も1年もしない内にその施策は有効でなくなり、ひどい場合はペナルティーの対象になる場合もあるのです。

また、SEO会社に業務を依頼する場合にはきちんと分析を行ってくれる所にお願いしましょう。また、継続的にアルゴリズムの分析、調査を行っているseo会社を選びましょう。もし、そうしなければ数年後または数か月後に順位が落ちるまたは順位が落ちた場合の復旧が困難な場合が発生する可能性が高くなります。

ただ、どんなseoの施策も完ぺきなものではなく、最適化というのには程遠い状況にあるのが現状です。

seoを使ってgoogle検索を容易に

googleなどの検索エンジンを使って調べ物をするという事は、小学生でも行うほど身近になったことでもあります。そのため様々なインターネット技術が開発されています。その中の機能の一つにseoという仕組みがあります。どんな機能なのかというと、検索結果の上位に任意のウェブページを表示させることができるのです。

例えば何か調べ物をした時に探していたウェブページが検索結果の上の方にあった経験があると思いますが、それは企業側が意図的に表示させていたことなのです。そんな技術を使いこなすために、大阪などの大都市ではseoを始めとする様々な技術のセミナーを開いていたりするので、利用してみるのをおすすめします。

googleのアルゴリズムハミングバードとseo

現在のgoogleのアルゴリズムはハミングバードと言われており、リンク情報とコンテンツ情報などをRankBrainというAI(人工知能)がコントロールして順位を決定しております。そのため、日々アルゴリズムは更新されており、seoも困難になってきております。

そのため、多くのseo会社はseoを事業の中核としていない場合が増えてきております。seoの難易度が上がる一方であるため、seoを全うにしようとすればコストは増えるばかりです。

googleはユーザー目線でよりよいアルゴリズムを提供するという観点でアルゴリズム変更を繰り返すとするなら、seoなどで作為的な方法で順位が上がっており、ユーザーにとってプラスにならないとするなら今後もseoが難しいものとなるでしょう。

今後のseo

今後のseoはよりコストがかかる手法でないと上位表示が難しくなる可能性が高いと考えられます。もし、これ以上seoを行うコストが上昇すれば、もうseoをしなくなるということになります。そう考えるの普通です。

seoをするものが少なくなることがいい検索結果を提供するのかというと同義ではなく、本来はユーザー目線の検索結果であるべきであると思います。今後のgoogleのアルゴリズムには注目です。

seoだけに依存しない

もしseoは対策がしやすく売り上げに結び付きやすい場合には、きっと更に多くの人が取り組んでいる事でしょう。しかし、実際にseoを行った事がある人の中には、結果を出す事は難しいと感じている人も少なくない様です。

集客対策の一環として行われるseoですが、このseoだけに依存するというのもいいですが、他の集客対策も取り入れるという事もできるかと思われます。他の集客対策とseoを併せて行う事によって、より結果を実感しやすくなる事もあるかと思われます。しかし、いくらでも費用を使えるケースはあまりないと思いますので、計画的に費用を費やす必要があると思われます。対策は続ける事も欠かせないでしょう。

Googleによるseo対策と人工知能

WEB上にホームページを公開しても検索に掛からなければ、そのホームページは多くの人に知られることなく、インターネット上でゴミのように埋もれてしまう。したがって、ホームページが検索上位に上がるかどうかを常に意識しなければならなくなってきます。これを「検索エンジン最適化」といい、seoと呼ばれるものに他なりません。

 例えば、GoogleやYahooなどは、検索エンジンと呼ばれるロボットでインターネット上すべてのホームページを定期的に巡回し検索ランクを作り上げています。この検索エンジンこそAI(人工知能)の原型といえます。ホームページを公開するときは、WEBで必要な案件を探す時の検索欄に打ち込む単語に一致するように作成しなければなりません。これをseo対策といいます。いまはSEOとSEO対策は完全に対になっています。

seo対策におけるGoogleアナリティクスの利用

ホームページを作成した際に、seo対策を行っていくものですが、その際に、googleアナリティクスを活用することができます。ウェブではPDCAサイクルを高速で回していくことが重要なのですが、googleアナリティクスを用いれば、seo効果がでているのかを確認することができます。

効果がでているのであれば、キーワードでの順位が上がっている訳ですし、そうなっていれば、必然的に流入数が増えているためです。そのため、その結果を確認することができ、流入数が増加していないようであれば、改善を図っていく必要があります。

バズるフレーズでseo対策、コンテンツに挿入しよう

seo対策の基本はバズるフレーズを多用する事です。 世間で今何かブームになっているか、それを常に意識してコンテンツ作りをしなければいけません。 人気芸人のギャグ、世間で流行っているスマートフォン、政治や経済の分野でよく使われているキーワードなど、こういったものを自然な文体でブログ記事などに挿入していく事が、素晴らしいseo対策となります。

SNSでユーザーがこぞって、つぶやいているフレーズをリアルタイムで確認して、それをコンテンツに取り入れるのも効果的です。去年の流行語を取り入れるだけでは力不足、リアルタイムでSNSで使われているフレーズを2つ3つ確認しておき、それを実践的に使う事がseo対策に大事です。

googleのseoの上げ方は

seoはgoogleなどで検索したときに、閲覧できる順番のことです。ネットでは、どれだけ多くの人に、見てもらえるかが重要なので、ネット販売している方は、seoを上げるために努力をしています。この順番は、googleの独自の方法によって、ランク付けされ順位を決めていきます。

この順位付けの方法は、公表されていないので、わからないのですが、閲覧順位を上げることに、特化した企業がたくさんあります。特に大阪に多くあり、企業に頼めば数週間で、閲覧の順位が上位の方に上がるので、ネット販売している方にはとても嬉しいサービスで人、気があります。

seoに関連する記事