ホームページ制作の際に行うseo対策

自分たちだけでは難しかった対策を老舗seo対策専門会社に依頼することで自社サイトをgoogleで1ページ目に表示でき、インターネット事業を軌道に乗せることができたという企業様も多くいらっしゃいます。

ネット事業を軌道に乗せたい、インターネットでのブランディングを実現するにはご相談ください。

会社の方針、費用の問題はありますが、状況を考えて可能であれば、ホームページ制作の際にseo対策を同時に行う事をおすすめします。

ホームページを作って時間が経過した後、思いついたようにseoをしようとするとかなりハードルが高く感じるかもしれません。

また、ホームページ制作を行う時に考えるコンテンツもseo対策に大きな影響があり、コンテンツの対応なくしてseoなしと言える状況にあります。

逆に言うとホームページ制作段階でコンテンツの構成をしっかり考えなければアクセスアップ、seoは難しいと言えます。

また、他にもseoの内部対策を行うためだけに別途費用を支払わないといけない事も考えられます。

すでに自分のホームページを持っている人はこのまま対策を行って、リニューアルを行う際には最初から対策を行う様にするといいでしょう。

少しでも良くなる様に考え対策を続けることが望まれます。

現在のseoはどんどんコンテンツの比重が高くなっております。これはホームページの作りに依存します。

たとえば、wordpressを導入し、比較的簡単にホームページの更新、ページ追加が可能であればホームページを維持する費用も軽くなり、さらにはseoにも強くなります。

seoについて

SEOの未来は急がないで行うseo
キーワードseoの他にも幅広く扱う会社
seoとランニングコスト料金を比較したいseo

更新頻度とseo対策

もし、更新頻度が十分ではない場合には、seo対策として十分に結果が出ないという事もあるかと思われます。

ぜひseo対策で少しでも大きな結果を得たいと考えるのであれば、更新するまでに長い時間が空いてしまう事がない様にしましょう。

しかしseo対策のためであったても、更新作業を続けていると、ネタが思い浮かばなくなってしまったりする事もある様です。

定期的にキャンペーンを行うなどして、興味を抱いてもらえる様な事を行うとseo対策にも効果的であるという事が考えられますし、またユーザーにとってもまた訪れたいと思えるwebサイトにする事ができるでしょう。できるだけ楽しくseo対策を続けられるといいでしょう。

最近のseoの傾向

最近のseoの傾向としては関連するサイトを5~10個ぐらいを相互リンクをはり、各ページのボリュームを持たせるというものです。

いつまでこの手法が続くのか見ものです。確かに、多くの店舗、FCをを持っている企業であればどんどん相互リンクも増え、コンテンツも増えるでしょう。

そうすると大きい企業=信頼できるということになるのでしょうか?

現状のseoを考えるとそのようになっているように思います。そうでない場合は1社で複数のサイトを運営している場合です。

seoは今後どうなるのか?誰にもわかりませんが、サイトの信頼性を上げることが結果としてseoとなるのは確かかもしれません。

ミラーサイト※1に注意したいseo

たくさんのホームページを作ってリンクを貼ればseo対策になると聞いた事があります。だからと言って、コピーなどが全く同じミラーサイトを大量に作成してseoとしても、評価されるどころか、悪質なサイトであるとみなされてしまう事もあります。

自分で作成したオリジナルのサイトのミラーサイトであれば、著作権などは問題となる事はありませんが、seoという点において好ましくありません。seoでは楽ができない様になっています。

seoのために、たくさんのサイトを作って、コンテンツを毎回考えるというのは作業のボリュームも多く大変だと予想されますが、コツコツの作業を行う事で、高いランクを目指しましょう。

目指したい高品質なseo

今ではseoのクオリティが問われる事も多い様です。そのため、これまで量を重視するあまり質を見忘れている部分があったと思われる人は、高品質なseoを目指してみてはどうでしょうか。

高品質なseoは、ペナルティ扱いされにくいですし、アルゴリズムが大幅に変更される様な事があったとしても、影響を受けにくいという点が考えられます。

これからも高品質なseoが評価され続けると予想されます。

質について考えられていないseoは低く評価されてしまう事もあります。途中で対策の方法をやり直すというのは大変な事です。

最初から、高品質な対策を行う事を目指す事によって、きっと評価される日が来る事でしょう。

よく聞くseoってなに?

seoとは、Search Engine Optimizationの略称です。日本語に直すと、検索エンジン最適化という意味です。

日本語にしてもいまいちピンと来ませんが、要するに検索された際に自分のサイトを上位に表示されるようにするための工夫ということです。

例えば『大阪』という単語が検索された時に、一番上に表示されたサイトの方が目につきやすいですよね。

せっかくのサイトが人目に見られる機会を損失するのはもったいないことです。そういったようなサイトをより人目につくようにするための手法がseoという考え方です。

googleにおいて重要なseo要素を簡単に解説

googleの検索順位を上げるのに重要なseo要素は、「文章や画像などのコンテンツ」と「その関連情報の量」、「被リンクの多さ」です.

googleは利用者の信用を得るために役に立たないページばかり表示されないようにするために、コンテンツのテーマが明確でわかりやすいことが重視していて、リンクの多さで点数付けしているのでリンクがないと順位付けが正しくできないためです。

また、ソーシャル・ネットワーク※2や広告などは評価対象外です。ホームページがスマートフォンに対応していると優遇されます。

大阪にもseo対策の会社が多くありますが、以上のことが基本となります。

googleでのseo対策とは

googleといった検索エンジンで、上位に表示されることを、一般的にseoといいます。対策を立てるために、ウェブサイトによって作業がなされています。

ホームページを作成した際にどのような手順を進めるべきなのか、大阪を中心とした各地では、セミナーや無料での説明会などが開講されています。

また関連する知識や技術に関して広く知られている他、対策業務を代行してくれる業者なども存在しています。

パソコンやインターネットが様々な場面で使われるため、あまり詳しくない方でも、IT業界の専門用語とされる言葉をよく聞くことでしょう。

googleの打ち出すseoで成功する為には

ここ最近はインターネットでのビジネスが主流化されていて、個人で企業をする人も増えています。

商売を成功させる第一歩としては、顧客ニーズを知ることにあります。google社が打ち出すseoのキーワードには、ユーザーのニーズがわかるようになっています。

大阪や東京などにある大企業はこのようなseoの対策をしっかりとし、成功させています。

seoは時代とともに仕様が変更されますが、本質にあるのはユーザーの満足度にありますので、良質なホームページ作りが必須になっていきます。

理解できなければコンサルなどもありますので、一度指導してもらってもいいかも知れません。

google社のseo対策をする際には

ホームページの集客をあげようと、個人にとどまらず各企業もgoogle社のseo対策に励んでいます。実際東京や大阪などの都心部にある企業には、seo対策専門の会社もあります。そのほかにもインターネット上にも数多く打ち出されています。

seoの対策を依頼するには、会社によってseo対策の内容は変わって来ますので、しっかりと各社の内容を把握し、契約することが大切です。

しかしながらseoの内容は更新されていき、更新のたびにホームページは影響を受けますので、それに合わせた対策をとっていくことが大切となって来ます。

コンテンツseoの目的はこれです

コンテンツseoは、内部的要素に焦点を充てて、サイト運営をする方法です。ユーザーからも検索エンジンのどちらからも評価されるような情報を日々更新し、良質なサイトを運営していくことです。

その結果、閲覧数を増やすことが出来るので、比例して売り上げアップも見込む事が出来ます。

検索エンジンのロボットの精度が上がっている為にとても重要な対策で、アルゴリズムをいくつかに分類し、定期的にアップグレードをしています。

ですので、常に最新の有益な情報を提供していなければ、閲覧順位を下げてしまうという結果に繋がります。

コンテンツseoで売り上げアップをしましょう

内部的要素を重視したサイトを運営していくにはコンテンツseo対策をきちんと行う必要があり、ユーザーや検索エンジンの両方から良質なサイトと判定されるようにサイトを運営していく必要があります。

良質なサイトと評価されることによって、閲覧順位を上げることができ、閲覧数が伸びるので、売り上げアップをすることが出来ます。

コンテンツseoが注目される理由には、検索エンジンのロボット精度が上昇していることがあげられます。

アルゴリズムは複数の分野に監視し、定期的にグレードアップを行うことで、多数あるサイトに点数を付けていき閲覧順位を付けています。

seoの始まり

1990年代半ばに検索エンジンが初期のウェブを登録するサービスを始めた。その当時、検索エンジンの登場によって自分のサイトへのアクセスが増加したため、多くのウェブページ所有者は登録することを始めた。

Yahooなどはその代表的な検索エンジンです。登録の方法で順位が異なり、アクセス量が大きく左右されるため、登録の仕方が研究されるようになった。

これが検索エンジン最適化である。その後、googleの台頭と共にseoの方法や考え方もどんどん変わっていきます。

日本においては当初はYahooの検索エンジン利用がほとんどで、それはYahooの日本法人の親会社がソフトバンクであったためである。

そして、Yahooの検索エンジンの仕組みはYahoo登録(ビジネスエクスプレス)というものを優遇して上位に表示させていました。

そのYahoo登録というのはサイトのカテゴリーによって審査基準、審査費用がとこなり、これがYahooの大きな収益源であった。

また、独自のアルゴリズムで順位を決定しており、googleより検索エンジン最適化は容易であった。googleはページランクに代表されるように被リンクの指標を重要視する傾向にあったため、seoにおける手間が必要であった。

※1ミラーサイト

ミラーサイトとはコンテンツ(内容)が同じサイトのことを指し、デザインが同じ場合がほとんどとなります。これは何のために作成されているのか?というといろいろな理由がありますが、次のような理由が考えられます。

  1. 検索エンジンにおいて特定のキーワードで上位に表示されている場合、そのコンテンツとほぼ同じコンテンツ(ミラーサイト)を作成することで作成したサイトが上位に表示されることがある。
  2. 詐欺的な行為のため、(利用者を欺くため)作成
  3. コンテンツを作成する時の手間を省くためにそのまま同じコンテンツを利用している。
  4. コピー(コンテンツの著作権を無視)し、なんらかの所得を得るため。

※2ソーシャルネットワーク(Social NetWork)

これはSNSと略されることも多い。ブログ、FACEBOOK、instagram、Twitter、Lineなどを指します。ソーシャルネットワークはネットを通じて、多くの人とつながりを持つためのネットワークです。「いいね」などを利用してつながっています。

現在のインターネット広告は検索エンジンとSNSが主流となっています。SNSによるネット広告のメリットは検索エンジンと異なり、「拡散」という手法でより多くの人と情報を共有することが可能です。拡散は多くの場合、SNSで影響力のあるインフルエンサーを利用したものが主流です。

メニュー

TOP seoって何? seo seo対策 seo対策大阪 google seo ホームページ素材