行政書士の仕事

行政書士、行政庁への手続きに必要な書類を作成する国家資格です。主に書類作成を行うのが行政書士の仕事です。

その中でも官公庁に提出する書類を中心に使っています。官公庁とは全国にある地方自治体または国の役所の事を言います。

そして、行政書士が仕事で扱っている書類の数は約1万種類あると言われています。とてつもない数ですね。

例えば、告訴状、始末書、委任状などもあります。

聞いた事があったり、扱った事がある書類もあるかもしれませんね。

なぜ書類を記入するだけでこの様な専門家に手間や費用をかけて依頼するかと言えば、簡単に記入できる書類ではなく、知識がないと正確に記述できない人もいるほど記入が難しく、不備があると受理してもらえない事もあるので、国民がもっと効率的に書類の提出を行う事ができる様にお手伝いしてくれます。

おすすめ